蜑阪∈
谺。縺ク

労働相談の価値観が変わる

確固たる信念をもって仕事をしているビジネスマンでも精神的にストレスが溜まりやすい現象として、労働問題がありパワーハラスメントなど社会問題となっています。
労働基準監督署や法律事務所に相談をするパターンもありますが、行政の労働相談窓口でも多くの悩みとして解決の道を求める人が多いです。
特に20代の若者だけではなく、中間管理職や上司でも同じような悩みを持っている人がいるので常に解決の道を作らなくてはいけません。
パワーハラスメントは職場内での立ち位置によって決まってくることもあり、上司から部下、先輩から後輩という具合になっていることからも、当たり前のようで価値観の変化に気がつくことです。
また以前であればパワーハラスメントとしても通用していたものが、今の時代は全く通用しない時代になり、労働相談で訴えられる事案まであります。
これは企業にとっても由々しき問題で、企業において生産性が低下するどころか人材不足になる原因とも考えられるので、早い段階で解決をしておく必要があります。

Page Top