前へ
次へ

労働相談はどこにするのかということ

労働相談と言ってもかなり幅が広いので一概にどのようなことであるのかというのが難しいわけですが、基本的にはなんといっても雇用とか職場関係に関すること、或はセクハラパワハラといったようなこともあるでしょう。こうしたことですが必ずしも労働基準監督署に相談できるのかと言うとそうではなかったりします。つまりは、労働基準監督署ではなく労務局にしなければならないということもありますし、或は弁護士でないとなかなか個人的な対応ができないような労働相談というのもあったりします。基本的に労働基準監督署というのは労働基準法などに引っかかっている場合のみが適用されるということになりますので、そうではない問題に関することではなかなか対応ができないということになります。そうなりますとどうすればよいのか、となりますがそれが基本的にはあくまで弁護士事務所に相談するということがベストであると言われる所以になりまくりです。これを覚えておきましょう。

Page Top